SFAツール総合比較プロデュース

eセールスマネージャー

SFA選びに役立つeセールスマネージャーのサイト

SFAを選ぶときにはいろいろ各社のソリューションを見ていくほうがいいでしょう。そこで外せないのがeセールスマネージャーのサイトになります。eセールスマネージャーの導入実績が上げられていますので参考になるでしょう。

どういう企業で使われているかを見ていくことで、SFAに関して、いろいろとわかってくることもあるからです。特にいろんな企業の責任者たちへのインタビューはこれから導入したいと思うものにとっては貴重な意見となるでしょう。

SFAを導入したくても手が出せなかった企業にとっては、こういうインタビューから大いに刺激を受けていくことも必要です。刺激を活力に転換できるなら、eセールスマネージャーのサイトは見ておくべきでしょうね。

口コミ情報

男性 ⁄ 30歳

eセールスマネージャーは営業支援システムとして、3000社以上の実績を持っており導入されています。eセールスマネージャーの特長としては、誰にでも使いやすいシステムで営業日報をはじめ、これまでのプロセスを残しておけるのと、それからの計画を立てやすいということです。営業をうまく進めるためには、多くの情報が必要になります。

そして、営業を見れる化できるというメリットがあります。具体的には、営業データの進捗具合などを入力していくことで、進捗率をグラフで出すことができて、各要素ごとに分けて表示も可能です。そして、営業プロセスに合わせた入力ホームが用意されています。

提案書の作成やクレーム処理の書類や見積りの提出なども決まったテンプレートで作成ができます。そうすることによって、データの集計も容易になるだけでなく、先ほどの営業を見える化にもつながります。営業で一番大切なのが、データの蓄積をすることとデータの活用です。その点で、eセールスマネージャーは群を抜いて優れています。最近は、外出先などからもアクセスできるように外出先からアポイントの確認や、レポートの提出もできるほか、リアルタイムで情報の共有ができるのでグループや会社全体で把握ができるというメリットがあります。そのため、営業成績を上げていくことが可能になります。


女性 ⁄ 34歳

eセールスマネージャーに興味はありますか。このサービスは、中小企業向けに開発された売り上げアップを狙ったツールです。eセールスマネージャーは、今までのような営業活用システムとは違い、営業を行っている者だけではなくその上司や代表者にまで幅広く情報を活用できるといったメリットがあります。eセールスマネージャーの基本は、営業者同士のスケジュールや顧客情報を共有できることです。

また、それぞれの営業担当者が抱えているお客様の数や、例えば商談を行っているのであれば、その進捗状況を共有できることです。リアルタイムで確認ができますので、これからどのような営業展開を行っていけばよいかがはっきり理解することができます。また、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレットでeセールスマネージャーを利用することができます。つまり、外出先で情報を確認することができますので、外出先でどのような行動をするべきかすぐに分かります。

また、こういった情報は全国で共有することができます。つまり、地元に密着した中小企業から全国に展開している大手の企業など幅広い企業に活用することができます。情報は長期保存することができますので顧客管理としても最適です。


カテゴリー