SFAツール総合比較プロデュース

フィールドナーチャリングCRM

SFAの1つであるフィールドナーチャリングCRM

営業部隊のIT化が課題となっていますが、なかなか手が出せないのが難点です。そんなときに最も参考になるのがフィールドナーチャリングCRMを詳細しているこのサイトになるでしょう。このサイトを見ていくとクラウドを利用してどのようにしていくのかが一目でわかります。

フィールドナーチャリングCRMを進めていくうえでの要点を追っていけば、自然と全体像がわかるようになっているところが利点です。こういった概念がわかりにくいところだった訳ですからここで学ぶのもいいでしょう。

SFAの1つとしてフィールドナーチャリングCRMを活用すると、どんなことがいいのかを想像してみましょう。SFA自身にまだ手を伸ばしていないという営業部隊の現実があるのなら、まずは何が可能なのかを検討することからはじめましょう。

口コミ情報

男性 ⁄ 35歳

フィールドナーチャリングCRMを使用していますが、目で見える形で受注率がアップしてきました。顧客情報を瞬時に更新出来るので、いつでもタイムリーな情報をチェックすることが可能です。また、顧客カルテ作成が簡単なので、これまでの難しい作業が一切なくなりました。簡単なのに、必要な情報はしっかり管理出来るのが嬉しいです。

また訪問時期やアプローチをかける時期がいつなのかを把握しやすいので、受注率を高めることが可能です。最善のタイミングでお客様の元に行くことが出来、スムーズにアプローチをかけることが出来るのでお客様からも喜ばれています。また、そのアプローチの時期を一目で画像で分かるようになっているので今日行くべき顧客がどこなのか朝来てチェックするだけで把握出来ます。

まさに営業の強い味方です。お客さんからも良くちょうど良い時に来たねと言われるようになりました。とにかく営業にとって一番大切な顧客情報の管理をしっかり目で見える形で管理出来るので、上司に進捗具合を聞かれた場合でもすぐに回答することが可能です。営業にとって大切な生きた情報をしっかり営業活動に結び付けることが出来るのが強みです。すごく重宝しています。


男性 ⁄ 51歳

企業の業務効率化において重要になるのがCRMです。CRMは顧客のデータを管理するために必要不可欠とも言える物で、多くの企業が導入しています。市場が日々変化するように、顧客のニーズも常に変化します。顧客のニーズに的確に応えるには常に最新の情報に接触しなければなりません。最新の顧客情報に迅速に接触できるCRMがフィールドナーチャリングCRMです。

フィールドナーチャリングCRMは顧客のもとへ訪問した時に得た情報を顧客カルテに蓄積することで、常に最新の情報を把握できます。カルテに掲載された情報の更新も携帯電話から書き込むだけでできるので簡単です。積極的に訪問した方がいい見込顧客も瞬時に分かるため、顧客獲得の機会を逃すこともありません。その他検索機能も充実しています。

フィールドナーチャリングCRMの利点は顧客情報を蓄積することで新たな発見をすることができ、それによって顧客の新たなニーズを正確に把握できることです。SFAとの連携機能や勤怠管理機能など、拡張機能も多数搭載しています。より深く知りたい人のためにセミナーも行っています。一ヶ月間の無料トライアルもあるので、気になる人は申し込んでみましょう。


カテゴリー